赤ちゃんのアトピー予防、保湿剤にはどんな効果が期待できる?

赤ちゃんのアトピー予防、保湿剤にはどんな効果が期待できる?

生まれて間もない赤ちゃんの肌はすべすべしていてきれいですが、赤みやかぶれなどの肌トラブルを抱えることも多いものです。

 

これら、乳児におこるおむつかぶれや赤みなどは総称して乳児湿疹といいます。
赤ちゃんの肌はデリケートなので、この症状を抱える赤ちゃんは非常に多いのですが、たいていは赤ちゃんが成長し肌が丈夫になるにしたがって自然に消えていきます。

 

問題は、時間が経過しても症状が治まらない赤ちゃんで、この場合はアトピー性皮膚炎が疑われます。

 

アトピー性皮膚炎は、アレルギー物質に反応してその症状が出るため、生後すぐの赤ちゃんに発症してもおかしくはないのですが、たいていの場合は生後4カ月ほどしてから症状が出ることが多いです。

 

最初は頭や顔、耳などに症状が出て、次第に体の下の方に下がってくることが特徴です。
肌が乾燥したり、ジュクジュクしたりするだけでなく強いかゆみを伴うこともあるので赤ちゃんには非常に強いストレスになります。

 

親御さんなど赤ちゃんに非常に近い身内にアレルギー体質の人がいる場合、赤ちゃんもおない体質を受け継いでいることが多いものですが、もしそうであるなら赤ちゃんがアトピー性皮膚炎を発症することは避けられないものなのでしょうか?

 

 

○赤ちゃんのアトピーを予防する方法はあるの?保湿剤は効果ある?

 

近い身内の方にアトピー患者がいる場合、赤ちゃんにも症状が出る確率は非常に高いと言われていますが、結論から言うとあることをして、赤ちゃんにアトピー症状が出るのを防ぐことはできます。

 

それは、赤ちゃんの肌にしっかりと保湿剤を塗り続けることです。
これをすることにより、アトピー性皮膚炎の発症リスクを3割以上も減らすことができるという研究結果が国立成育医療研究センターから出されています。

 

また、家族にアトピー性皮膚炎の患者が要る赤ちゃんの場合は、症状が出てから保湿剤を塗っても効果は薄く、生後すぐから保湿剤を塗ることが大切であると推奨されているようです。

 

早い段階から、赤ちゃんの肌に合ったベビーローションやワセリンなどをしっかり塗り込んであげることが大切なのですね。

 

 

○赤ちゃんのアトピー予防、保湿剤を塗る以外にもこんなことに気を配ろう

 

また、赤ちゃんの肌に保湿剤を塗るときにはママの手も清潔にしておくことがとても大事です。

 

普段あまり意識しませんが、私たちの手は清潔にしているようでも埃や汗、皮脂などで常に汚れています。
しっかり汚れを落としてから赤ちゃんのお肌のケアをしましょう。

 

また、赤ちゃんの肌の清潔さを保つことが大切なのは言うまでもありません。
定期的にお風呂に入れて、全身をしっかり洗ってあげましょう。
赤ちゃんは成長するに従いどんどんふっくらしてきますが、お肉のシワになっているところなど、汗や汚れが溜まりやすいところは特に念入りに清潔にしましょう

 

お風呂上りの肌はとても乾燥しやすい状態になっているので、数分以内に保湿剤を塗布してあげましょう。
このときは肌が柔らかくなっているため保湿剤の効果も上がります

 

ベビーローション、クリーム、オイルなど保湿剤にもいろいろありますが、オーガニックで肌への負担が少ないものを選んで優しく保湿ケアをしてあげてくださいね。

 

赤ちゃんに保湿剤を塗ってあげるときには、気になるところだけでなく全身にまんべんなく塗ってあげてくださいね。

 

○まとめ

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になるかも、と思うとお母さんは心配ですが、保湿剤をしっかり塗ることを心がけるだけで発症を防ぐことができるなんて、ちょっと安心ですね。
保湿剤を選ぶ時には、赤ちゃんのデリケートな肌に優しい成分のものを選び、しっかりケアして、健康な肌を育ててあげてくださいね。